--/--/--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 | スポンサー広告TOP



2012/09/13
エンピツとデジタル

仕事とカメラにまみれた生活から一転、著者はまた絵を描いた。

単純に、カメラ趣味が一段落したからである。

著者はここ数年、線画をシャーペンで仕上げている。
製図用のシャープペンシルというのは、持っていて気持ちの良い物である。
芯を各種コレクションするのも、「通」といった感じで趣がある(嗚呼、ポディマハッタヤ氏に栄光あれ!)。
それにシャーペンで描いた方がデジタルよりずっと早いし、上手くなった気がするし(あくまでも気持ちの問題である)、紙に「描いた」という達成感が得られる(最後のは後付けである)。

然しながら、ここまで賛美しておいて何であるが、著者は出来れば線画もデジタルで描きたいと思っている。
デジタルの線画は修正が容易であるし、エンピツでは出来ない表現も出来るし(著者はGペンを使ったことが無い、恥ずべき事に)、エンピツでは限界のある「細くて濃い線」も描ける。紙の汚れを丁寧に掃除する必要も無い。

自分の環境では、Painterでは重くてストレス無く線画が描けない、SAIの初期ツールではアナログっぽさはとても出せそうに無い。久しぶりにSAIを改造する必要がある。…ネット情報とにらめっこしながら。

デジタル線画で、アナログのような質感を…というのは、誰もが求めていながら、かつ未だ完璧に解決されていない問題の一つである、と考えるのだ。

20120913




 | PHOTOTRACKBACK(0)TOP



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。